商品カテゴリ
お役立ち情報
カート
商品は入っていません。

刺しゅうの洗濯&色止めの方法

 

洗濯の仕方

 

Puppetsの刺繍糸は普段のお洗濯で洗ってしまうと
色が落ちて生地をうっすら色移りしてしまう場合があります。

特に赤は色移りしやすいのでご用心。(;・ω・)

大切な作品のお手入れ方法をご紹介します。

丁寧にお手入れすると、愛情が増すこと間違い無し!
ぜひ実践してみてくださいね。

<用意する物>

  • お酢
  • 60℃のお湯適量

私は穀物酢を
使っています。

 
<刺繍の洗い方>

1.60℃のお湯とお酢を10:4の割合で入れて塩をひとつまみ入れます。(色止め液)
刺繍をそのまま、ひたひたに浸けます。

 
2.60℃のお湯と洗剤(衣服を傷めないもの・必ず中性洗剤を使用)で、
刺繍部分は指の腹で優しく撫でるように洗う。

火傷に注意!必ずゴム手袋使ってください。
アルカリ性の洗剤を使う場合、黄ばみの原因になるかもしれません。
洗剤と黄ばみについてはこちら→
 
薄く黄ばんでしまった作品。
クリックすると拡大します。 
 
3.優しく良くすすぐ。
4.もう一度色止め液の中に浸す。
5.軽く絞り、タオルで挟みながら水分を取る。
 
 

 タオルで水分を取っている最中に色がにじんで来たら、
またお酢につけて洗う事を繰り返してください。

 
 
6.あとは、風通しの良いところで陰干しするだけ。
お酢のにおいは干せば消えますよ。

陰干し終了!

きれいに青い線は落ちて、色移りもありませんでした(〃´∀`〃)ノ

 

60℃以下だと、色移りの原因になります。
長時間放置しないでください。
これはMagyar Madárの店主が普段している
洗濯方法と現地からの情報を参考にしています。

お酢の酢酸量にも影響するかもしれないのでご注意ください。
(ハンガリーと日本ではお酢の酢酸量が違う)
 
青い線が消えない場合

お酢が薄いと青い線が消えにくい場合があります。
瓶やジップロックにお酢と塩をいれ、1〜3時間くらい漬け込むと青い線はゆっくり消えていきます。
作品の大きさによっても、漬け込む時間が変わると思いますが、ぜひお試しください。
 
 

 

 
色が生地に色移りしてしまった場合

下記の方法をお試しください。
店主が試した結果何とか落ちました。

  1. お酢を薄めず一晩浸ける。
  2. 100円ショップに売っているセスキ炭酸ソーダを溶かした水で洗い、その水で一晩放置。
  3. 更にお酢の中に入れる。
  4. 軽く絞り、タオルで挟みながら水分を取る。
    *タオルで水分を取っている最中に、色がにじんで来たら、またお酢につけて洗う事を繰り返 
  5. 風通しの良いところで陰干し。


色止めの仕方

お洗濯の方法が面倒くさい、作品を売る時に
クレームのリスクを減らしたいと

考えている方には色止め剤を使う方法もあります。
 
  • 色止め剤とは
    色落ち&色移りしそうな繊維素材に染み込ませて、それらを防ぐ専用液状剤。
    代用品としてはお酢がある。色止め処理により、元の色より若干薄くなったりする時もある。


色々商品がありますが、
今回はベストフィックスを使用しました。
商品ごとに色止めの仕方が異なるので、

それぞれの説明書に従ってくださいね。

 

  • 工程

    工程は大きく分けて3つ。

  1. 染色後,ベストフィックスを水に溶かし、染めたい素材を入れ、よくかき混ぜる。
  2. 温度を上げ、約60℃で20分間かき混ぜる
  3. 処理後は水洗いをして、陰干しをする


意外と簡単にできそうでしょ?(゜∀゜)

  • 必要なもの

  1. 色止め処理したい素材
    今回はPuppets perle 3718 10g糸玉を3個

  2. 染める物の重さに対して、何ml必要か計算を忘れずに。
    今回は計算して1040mlほど用意。
  3. 色止め剤
    こちらも何ml必要か計算を忘れずに。
    今回は計算して、2.4ml
    (ベストフィックスのキャップの1/5から1/3位までの量)



 準備を整えて、早速挑戦!(*´・∀・*)

  • 工程1:染色後,ベストフィックスを水に溶かし、染めたい素材を入れ、よくかき混ぜる。
    若干水に薄く、色が出たものの、特に変化なし。



  • 工程2:温度を上げ、約60℃で20分間かき混ぜる
    鍋に入れて、水がふつふつ小さな気泡が
    出始めるくらいの状態を保持して、20分かき混ぜました。

    結構色素が、お湯にでてます。(゚Д゚ノ)ノ




    くるくる混ぜるにつれて、先端の糸が外れて
    しまったので
    事前に糸の先端が簡単にとれるか
    確認した方がよいかも(@_@;)

  • 工程3:一晩漬け込む。
    ベストフィックスの説明書には記載されていませんが、糸が幾重にも重なっている構造と
    染み込み具合を考慮して、一晩漬け込む事にしました。

    一晩浸透させた後。



  • 工程4:水洗いの後、日陰で陰干しして完成!

     特に色の変化も認められません。 


乾燥までの時間をいれると、だいたい3日間で完成かな。

完成後、本当に色移りしないか実験もしてみました。

処理前と処理後の2種の糸で刺繍した生地を、
お水に1時間放置するだけの簡単な実験です。


水に浸けて乾かしてみると・・・・

 

 

処理前のものは、色がにじんでいました。

滲みを見やすくするため、写真を加工しています。

 

対して、色止め処理後のものは・・・・・

 

 

大成功!
処理後のものは、生地に色移りなし!ヽ(*´∇`)ノ


プレゼント等失敗できない作品を刺すときには、
おすすめの処理です。

ぜひ不安な方は一度試してみてね(♡´ω` )ノ"

もっと簡単な方法がありましたら、ぜひご一報下さい!(^□^*)

 

  Puppets 8番刺繍糸はこちら>>> 

 

カート
商品は入っていません。
MagyarMadarブログ
 閉じる