商品カテゴリ
お役立ち情報
カート
商品は入っていません。

セント・イシュトヴァン刺繍

セント・イシュトヴァン刺繍

 

元々はハンガリーのメゾーコウェシュド地方に住むマチョー民族と
その近郊に住んでいるガホー村の人々が麻、ウール、リネンの生地に刺していたものです。

昔は同じ大きな模様を繰り返し刺し、その周りに一対の鳥や国章を刺すデザインが基本でした。

メインの糸の色は紫の濃淡、または黄色、濃い赤、緑です。
ウール製生地に刺す場合、派手な色は使用せず、基本として緑と紫が使用されました。
作品の中には、青い生地でできた女性の衣服に
金色に染め上げたウール製刺繍糸でザクロ柄を刺された物も見つかっています。

近代に入ると、シーツの縁飾りとして赤や青のウール製糸や、時には細い糸で刺されました。
糸の染色技術が進むにつれ、
セント・イシュトヴァーン刺繍は発色の良いカラフルなウール又は綿製の糸が使用されてきました。

  
 刺繍サンプル 刺繍サンプル 刺繍サンプル

 


<使用するステッチ技術>
・ライズドフィッシュボーンステッチ
・アウトラインステッチ
・チェーンステッチ
・ブランケットステッチ
・サテンステッチ

 

  
ライズドフィッシュボーンステッチ アウトラインステッチ チェーンステッチ

 

 
 ブランケットステッチ サテンステッチ

 

参考文献 

  1. http://mek.niif.hu/02100/02115/html/index.html
  2. http://nylonparaszt.blog.hu/

 

  

 

 

カート
商品は入っていません。
MagyarMadarブログ
 閉じる